八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

浮桟橋、波照間漁港に新設 竹富町議会一般質問

ことし10月に石垣ー波照間間に就航した㈲安栄観光の「ぱいじま2」。5年後をめどに波照間漁港に浮桟橋を新設する考えを明らかにした=9月23日午後、石垣港

ことし10月に石垣ー波照間間に就航した㈲安栄観光の「ぱいじま2」。5年後をめどに波照間漁港に浮桟橋を新設する考えを明らかにした=9月23日午後、石垣港

大型高速船〜5年後めどに
乗降時の利便性向上へ

 ことし10月の就航後、乗降時の利便性向上を求める声が上がっていた石垣ー波照間航路の大型高速船「ぱいじま2」をめぐり、竹富町は5年後をめどに波照間漁港に浮桟橋を新設する考えを明らかにした。設置箇所は今後、県や地元住民、同船を運航する㈲安栄観光と協議を重ね、来年度中に調査・設計に着手する。15日午前の12月定例竹富町議会(新博文議長)一般質問最終日に、東迎一博氏が船舶航路の整備をただし、小濵啓由産業振興課長と通事太一郎政策推進課長が答えた。

 高速船として県内最大級の同船は、全長39・5㍍、総㌧数284㌧、旅客定員は210人。これまで運航していた小型高速船と比べて定員数が2倍となるなど、その大きさから現浮桟橋を利用できず、直接同漁港の岸壁に接岸する状況が続いている。

 小濵産業振興課長は「県に(大型高速船用の)浮桟橋設置を要望し、前向きな調整をしている」とし、最短整備で5年を要すると説明。来年度に現地調査と基本設計、2019年度に水産庁など関係機関と調整、20年度に実施設計、21年度に着工する見通し。

 新たな浮桟橋整備までの緊急対応策として、産業振興課は現在、同船が着岸する岸壁の路面舗装を県が担当し、舗装後に町が雨よけ・日よけ用の簡易テントを設置する考えだ。

 一部では就航率の低下が指摘されている同船に関して、通事政策推進課長は「ぱいじま2は1、3便で運航。12月の1便就航率86%に対して、3便は高い欠航率。冬季は暗くなる時間帯が早まり、運航しづらいと聞いている」と報告、就航時刻の変更も含めた申し入れを行う。

 また、西表島大原への役場移転を前に20年度の供用開始を目指す石垣支所の工事費用は、概算で18億円余を見込んでいることが明らかとなった。

 通事政策推進課長は「現段階ではリース方式が最適と考えている」と答弁し、メリットを▽工事終了後から費用発生▽ランニングコストを一定額に抑えられるーと述べた。

 本年度末に完了する財政シミュレーションがまとまり次第、新竹富町役場に関する基本方針を策定。順次、住民説明会を開く考えも示した。

 

 ■12議案を可決 竹富町議会最終本会議

 12月定例竹富町議会(新博文議長)は15日、最終本会議を開き、既定予算から3億1610万円を減額し、総額73億1341万円とする2017年度一般会計補正予算案を全会一致で可決した。

 このほか、町東部第1区海底送水管更新工事(新城島ー黒島、黒島陸上送水管)、鳩間小中学校校舎改築工事(建築・設備)など11議案を承認した。

 本年度一般会計補正予算案では、大久研一氏が「議案審議では見積もりの甘さなど指摘が相次いだが、住民生活に密着していることからも、速やかに執行されることを強く要望する」と賛成討論を行った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム