八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先日、某所との忘年会で年配者に泡盛をつぎ、水を入れようとすると…

 先日、某所との忘年会で年配者に泡盛をつぎ、水を入れようとすると、「混ぜないで」と言われた。聞くと、混ざり具合が均一になるからだという。えっ、そのほうがいいのでは。違うという。泡盛が濃いところ、薄いところがまばらにあるほうがうまいというのだ▼これを聞き、ゴーヤチャンプルもそうだと納得がいった。ゴーヤを切るとき、何を使うか。包丁か、それともスライサーか。スライサーだと、薄く早く切ることができる。当たり前だが、厚さは均一になる。これを炒めると、火の通り具合も均一。でも、これだとゴーヤに変化がなく、単調な味が続くからイヤだ▼スライサーに比べて包丁はどうか。プロだと厚さを均一にそろえることができるだろうが、素人だとそうはいかない。バラバラ。薄いのもあれば、厚いのもある▼でも、これがいい。炒めると、薄いのはほのかに甘く、厚いのは苦く感じる。味に凹凸ができ、絶妙な調和を醸し出す。違いがあるからこそ味わいが出る。深みが増す。それぞれの長所を感じることができるのだ▼泡盛やゴーヤチャンプルに限ったことではなく、これは人間社会にも言えるのではないか。それぞれに個性、違いがあるからこそ、全体としてうまく機能する。要はどう生かし、どう調和を図るかだ。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム