八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アート展が生む 芸術祭石垣島展

登壇して話す(左から)岡田智博氏、青木省悟氏、藤岡定氏、椿昇氏=13日夜、石垣市民会館大ホール棟2階特設会場=13日夜、石垣市民会館大ホール棟2階特設会場

登壇して話す(左から)岡田智博氏、青木省悟氏、藤岡定氏、椿昇氏=13日夜、石垣市民会館大ホール棟2階特設会場=13日夜、石垣市民会館大ホール棟2階特設会場

可能性4氏探る
有識者がトークイベント

 文化庁メディア芸術祭石垣島展(同庁主催、石垣市共催)の一環で、ラウンドトーク「島からアートをつくる」が12日夜、石垣市民会館大ホール棟2階の特設会場で開かれ、有識者4人が、アートによって創出される石垣島の価値や可能性について語り合った。

 トークでは、同展製作ディレクターの岡田智博氏の進行で、現代美術家で京都造形芸術大学教授の椿昇氏、anno lab 代表の藤岡定氏、石垣市地域おこし協力隊の青木省悟氏がそれぞれの実践について紹介した。

 同展で、伊原間会場の制作を担当した青木氏は、古民家の脇にある納屋を使い、公民館や学校など地域の協力を得ながら展示空間を創り出し、テレビなどが取り上げたことで、同時に地域内にも移住者や住民の間でこれまでなかった交流が生まれた、と報告。「最初はこんなものを見に来る人がいるのかと言われたが、実際に観光客が来て、こうしたことがあるんだと思ってくれた。雨の日や冬場の楽しみ方の一つとしてやっていけたら」と話した。

 福岡をデザインで盛り上げている藤岡氏は「東京からイベントを持って来るのではなく、イベントをすることが石垣島の特長を形成し、島を変容させていけばおもしろい」と可能性を語った。

 香川県の小豆島で瀬戸内国際芸術祭を成功させている椿氏は、「地域によって事情は違う」と前置きした上で、「地方のアート展は観光振興という考え方は捨て、次世代の人材育成だと腹をくくった方がいい」と指摘。「島にはたくさんの人を引きつける妖しい魅力がある。いっぱいある生かせる地域資源をどうにか残し、グローバル社会においてどう生き残るか」と課題を提示した。

  • タグ: メディア芸術祭石垣島展
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム