八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大道さんが最優秀賞 家の光大会

JAおきなわ家の光大会で最優秀賞に輝いた大道晴子さん=11日午後、同JA八重山支店

JAおきなわ家の光大会で最優秀賞に輝いた大道晴子さん=11日午後、同JA八重山支店

ボランティア活動を発表 来年2月に全国大会へ

 【豊見城】総合家庭雑誌「家の光」の記事を活用した体験を発表する2017年度第62回JAおきなわ家の光大会(県農業協同組合主催)が7日、豊見城市立中央公民館であり、「『家の光』とボランティア活動」の演題で発表した八重山支店女性部の大道晴子さん(67)=石垣市白保=が最優秀賞に輝いた。大道さんは来年2月13日から15日にかけて横浜市で開かれる全国大会に県代表として派遣される。

 大会では、記事活用の具体性や成果、発表力などを100点満点で審査。10分以内で発表し、30秒ごとに減点する方式で行われた。県内5地区から代表5人が出場した。

 畜産業を営む大道さんは、同誌を約40年講読。大会では、家の光協会主催の読書ボランティア講座を受けて、地元小学校などで絵本の読み聞かせをして農業や命の大切さを伝えたり、同誌で紹介された記事を活用して「みそ玉」や米袋エコバッグなどを作ったりした体験を発表。「絵本の読み聞かせボランティア活動の輪を広げ、未来を担う子どもたち、いずれ私たちもお世話になる老人施設にも訪問し、絵本を通じて笑顔にしたい」と結んでいる。

 大道さんは「まさか自分が選ばれるとは思っていなかったので驚いたが、うれしかった。県大会ではタイムオーバーしてしまったので、全国ではそうならないように頑張りたい」と抱負を語った。

 JAおきなわ八重山地区本部の山城隆則本部長は「内容が非常によく、評価されたのではないかと思う。全国でも最優秀賞を目指して頑張ってほしい」と期待した。

 大会では「ハッピーマイライフ」体験文の部でJA全国女性組織協議会会長賞に選ばれた松井純子さん(61)=石垣市新川=が作品を朗読し、賞状を伝達された。

  • タグ: 家の光JAおきなわ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム