八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

給付型奨学金、条件緩和へ 竹富町教委

希望者ゼロの実態受け
来年4月から実施の考え

 竹富町教育委員会(仲田森和教育長)は、給付型奨学金「竹富町ふるさと応援奨学金奨学生」の条例と規則の見直しに着手する。給付型奨学金制度は郡内初の試みとして本年度から始まったが、希望者ゼロの実態が明らかとなり、「卒業後の据え置き期間の設定」「町内就職は厳しい」など給付条件の再検討を求める声が上がっていた。竹教委は、来年1月の定例会で素案をまとめ、3月定例会に上程、来年4月から実施したい考えだ。

 町内の人材確保を目的とする同制度は、大学などの卒業後に町内で就職することを条件に、奨学生に毎月5万円を給付するもの。本年度は3人枠を設け、保健師と幼稚園教諭を目指す学生に給付する予定だったが、希望者はなかった。

 去る6月定例会一般質問で竹教委が明らかにし、田代仁総務課長は「周知不足は否めない」などと答弁していた。周知徹底を図るため、年内をめどに町出身の全高校生に募集案内を配布するほか、公式ホームページでも応募を呼び掛ける。

 今回の見直しで竹教委は、給付対象の高校生と在学生、保護者らから寄せられた奨学金を希望しない理由などを基に、条件面の緩和に向けて検討していく。

 現在、2018年度の奨学生募集を行っているが、田代総務課長は「見直し後に受給対象者らへの影響はない」としている。

 同制度の条例案は昨年の9月定例会で上程されたが、規則に給付額や奨学生の資格、卒業後の職種が記されていないとの指摘を受けて取り下げ、11月臨時会で修正案が承認された経緯がある。

  • タグ: 竹富町教育委員会奨学金
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム