八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

共生社会実現へ議論 市地域福祉計画

地域福祉計画・地域福祉活動計画の改定について話し合われた=7日午後、市役所2階会議室

地域福祉計画・地域福祉活動計画の改定について話し合われた=7日午後、市役所2階会議室

改定向け初回委員会

 第2次石垣市地域福祉計画・地域福祉活動計画(2018年度から5カ年)を策定する石垣市地域福祉計画策定委員会の第1回委員会が7日午後、石垣市役所で開かれ、計画改定に向けた報告や意見が交わされた。委員会に先立ち中山義隆市長が委員19人に委嘱状を交付。互選で会長に選任された、琉球大学法文学部人間科学科の鈴木良准教授に中山市長が計画策定を諮問した。来年3月に答申される。

 計画は、共生社会の実現に向けた「自助」「互助」の活動を主体的に実施することができる福祉のまちづくりを目指している。

 意見交換では、高齢・児童・障害の各分野に視点を置き、バスなど交通手段に特化したニーズ調査の必要性や、北部地区からの人口流出などが話し合われた。

 鈴木会長は、石垣市における福祉サービス、地域包括ケアシステムについて「今の方向性が石垣市の地域全体でうまくいくのか、懸念される」と疑問を呈し、より深い議論を求めた。

 後半は事務局より、地域福祉を取り巻く状況として、本年度2月に市民を対象に実施した「地域福祉にかかわる市民意識調査」の結果も発表された。

 同策定委員会は、計5回の開催を計画。計画案に対するパブリックコメントも予定している。次回は来年1月に開かれ、市民会議で提言された地域課題やアンケート評価について討議する。

 委員は次の皆さん。

 ▽会長=鈴木良▽副会長=宮良亜子▽委員=上地義一、木村聡、宮良久美江、豊川善克、小浜時子、宮良實守、島尻寛雄、砂川長紀、成底広和、大島正嗣、宮良和美、長浜末子、石垣里八、仲松芳子、大濵守哲、大道夏代、青木省悟

  • タグ: 地域福祉計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム