八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「きょうは何の日?」かというと、きょう12月8日は…

 「きょうは何の日?」かというと、きょう12月8日は日本がアメリカに戦争を仕掛けた日だ。と同時にくしくも反体制・反戦運動で知られるあのビートルズのジョン・レノンの命日でもある▼76年前のこの日、日本軍はハワイの真珠湾を奇襲攻撃、アメリカ・イギリスに宣戦布告して4年近くに及ぶ「太平洋戦争」が始まった。しかしそれはまた沖縄にとって日米両政府に新たな悲劇と苦難を強いられる“いばらの道”の始まりとなった▼「沖縄戦」で20万人余が犠牲となり、戦後72年経た今なお日米安保で広大な米軍基地を一身に背負わされ、米軍犯罪や事故で県民の命が奪われ脅かされる日々が続いている▼その沖縄ではイギリスのエコノミストから、「沖縄の年老いた平和主義者たち」と立派な称号を頂いた人々が中心になり、「二度と戦争はイヤ」と辺野古や宮古・石垣で新基地も自衛隊も反対と悲痛な声を上げているが、日米政府は逆に負担を強めている▼今月はクリスマスもある。ベトナム戦争に反対したジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻は差別や戦争のない世界平和を願い、かの有名な反戦歌「ハッピークリスマス」を作った▼しかし好戦的な日米トップは北朝鮮と第3次大戦に突入しかねない。太平洋戦争の教訓は未来永劫忘れられるべきでない。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム