八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

海を隔て遠く離れているがゆえ電波が届か

 海を隔て遠く離れているがゆえ電波が届かない島々に、テレビがやってきて今月で半世紀になる。八重山手帳に教えられた。受像機がある家は少なく隣近所の子らが集まり、動かないテストパターンから見た。ひざまずきして▼「ひょっこりひょうたん島」に夢中になった。連続ドラマは「旅路」。その音楽は今も耳に残る。ニュースは夕方なのに「おはようございます」と言った▼全国同時放送は9年後の昭和51年。海底ケーブル敷設でようやくカラーテレビになった。かの具志堅用高さんが世界チャンプに輝いた年だが、NHKは試合中継放送がなく地元ファンは親子ラジオにかじりついて聞いた▼民放テレビ放送開始は平成5年。半世紀のうち26年間はNHKのみの暮らし。この間、ケーブルテレビやビデオショップが庶民の娯楽を補った▼ラジオも難聴地域。全国でも珍しいFM波に乗せた民放2波の放送開始は平成16年。天皇皇后両陛下行幸啓の年である▼BSにCS、選択肢は増えた。スマホやPCでラジオが聞けるラジコのサービスが始まった。来年には4K、8K放送も始まる。半世紀で情報伝達の手段や機器はかくも発達した。一国の大統領がSNSで悪態をつぶやき、ネット社会に匿名の闇が広がる時代。島にいて世界とつながる。ホンモノを見極める目を、耳を持たねば。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム