八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

助け合うクラスづくり学ぶ 地区学力向上推進

グループトークで意見を交わす教育関係者ら=2日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

グループトークで意見を交わす教育関係者ら=2日午後、八重山合同庁舎2階大会議室

赤坂教授が講演

 2017年度八重山地区学力向上推進講演会(同委員会主催)が2日午後、八重山合同庁舎で開かれた。上越教育大学学校教育専攻科の赤坂真二教授が講演し、郡内や宮古の教育関係者ら約270人が、協働的に助け合うクラスづくりについて学んだ。

 赤坂教授は「資質・能力を育てる学級経営」と題し講演。「コミュニティー解体が進んだ社会で育った子どもたちは協働を意識していない」と現状を指摘した上で「生徒同士が助け合って力不足の子の力を引き出し、問題解決にあたる事が協働。そして協働的な生き方を獲得させることが本当の教育」と話した。

 また、「子どもたちが助け合うことを、教師が本気で願い求めること。それが助け合えるクラスをつくる第一歩」と強調した。

 参加した大浜小学校の宜保勇人教諭は「楽しく学べた。八重山も生徒指導や学級運営に悩む人が多いと思う。教師が教えるばかりではなく、子ども同士の協働的、対話的な営みを支えつつ、一緒にクラスづくりをしたい」と感想を話した。

 講演会の前に、同委員会事務局の磯部大輔氏が、新学習指導要領施行までに行うべき準備や心構え、文科省が掲げる方針などについて説明した。

  • タグ: 八重山地区学力向上推進講演会赤坂真二
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム