八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国町は1日、町制施行70周年の節目を

 与那国町は1日、町制施行70周年の節目を迎え、きょう式典と祝賀会を開く。お祝いムードに水を差すようで恐縮だが、やはり気になる。住民間に残る対立感情のしこりが▼外間守吉町長は、人口流出傾向に歯止めがかからない状況を受け、陸上自衛隊の配備誘致を進めた。結果、2016年3月に沿岸監視隊が配備された。これをめぐって地域は賛成、反対に割れ、分断された▼そしてことし8月の町長選。革新側は「自衛隊票が加わったので、革新はもう勝てる見込みがない」として擁立を断念。保守では「一部だけに片寄った政治をしている」「一部が自己利益の追求に走っている」と内部でくすぶっていた不満が表面化、分裂選挙となった▼これを受け、陸自を推進してきた側の与那国防衛協会も、2人の会長がそれぞれ正当性を主張して真っ二つ。協会が二つ存在するという異例の事態となっている▼陸自配備に伴い、1500人を切っていた人口は1700人台に戻った。しかし、根本的な問題である人口流出傾向に歯止めがかかったわけではない▼70周年の節目は、町民が一致団結して飛躍を誓い、島の発展にまい進する決意を新たにする機会となるはずだが、住民感情のもつれをほどくのは容易ではない。陸自配備は、こうした代償も残しているのである。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム