八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

メディア芸術祭始まる 文化庁

人間と同等の大きさまで拡大された昆虫の写真作品。細部まで肉眼で見える=29日午前、市民会館2階

人間と同等の大きさまで拡大された昆虫の写真作品。細部まで肉眼で見える=29日午前、市民会館2階

市内6会場で12月17日まで
アニメなど4部門作品を展示・上映

 文化庁メディア芸術祭石垣島展「ひかりきらめくイマジネーション」(文化庁主催、石垣市共催)が29日、石垣市民会館など6会場で始まった。12月17日までアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの芸術祭4部門の入賞作品など計50点が展示・上映される。展示時間は午後1時から同7時。土日は午前10時からで、すべて入場無料。

 日本の近代建築の祖と言われる前川國男氏晩年の作品、石垣市民会館の新たな活用方法として、2階の「海の見えるホワイエ」をメーン会場にした。

 芸術祭の第1回から第20回までのマンガ大賞作品の読書ゾーンが設けられているほか、人間と同等の大きさまで拡大された昆虫の写真が展示されている。羽の細部など肉眼では見えない部分もリアルに浮かび上がり、造形の美しさや多様性に触れることができる。石垣島展に合わせ、島に生息するカラアカナナホシキンの写真も用意された。

 このほか、新栄公園ではこの日から2日間、日没時間の午後5時54分からアニメーション優秀作が上映される。30日は「この世界の片隅に」「ジョバンニの島」の2作。

 まちなか交流館ゆんたく家では、短編優秀作品の上映と「百年海図巻」の展示、石垣港離島ターミナルではポケモンゴーの「ポケストップ」の展示がある。ホテルエメラルドアイル石垣島、伊原間の崎山ハウスも会場となっている。

 12月10日午後1時と同4時の2回、第20回アニメーション部門大賞の「君の名は。」が、市民会館大ホールで上映される。

 初日はメーン会場で関係者を集めてレセプションがあり、中山義隆市長は「近代的な最先端の文化・芸術に触れることで市民の文化的興味・関心を高め、文化的教養を深めるとともに、伝統芸能など独自の文化が世界に誇る宝物であることを認識し、後世へ継承していくことを考える機会にしたい」と述べた。

 石垣島展の制作ディレクター、岡田智博氏は「新しい文化観光のきっかけにしてもらいたい」と期待した。

  • タグ: メディア芸術祭
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム