八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山で聖火リレーを 東京オリンピック

2020年開催の東京五輪における八重山諸島での聖火リレー開催を鈴木俊一東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣(左)に要請する中山義隆市長=28日、都内(石垣市提供)

2020年開催の東京五輪における八重山諸島での聖火リレー開催を鈴木俊一東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣(左)に要請する中山義隆市長=28日、都内(石垣市提供)

中山市長が大臣に要請
自然史博物館建設なども

 中山義隆石垣市長は28日、東京都内で鈴木俊一東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣に会い、2020年の東京五輪における、八重山諸島での聖火リレーの実施を要請したほか、▽国立自然史博物館や大型プラネタリウムの建設▽国立尖閣資料館の建設―などを各担当大臣に要請した。

 中山市長は東京五輪の聖火リレーについて「アジアの玄関口である八重山諸島でも実施できるよう、関係機関への働きかけをお願いしたい」と要請。鈴木大臣は、「聖火リレーが自分たちの町を走ることで、国民一人一人がオリンピックへの参加意識を持つ。これがオリンピック成功の鍵。今回の要請もしっかりと受け止めさせていただく」と語った。

 また、江埼鐵磨内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策)に、「石西礁湖や竿根田原洞窟遺跡など、石垣市の自然の文化的・資源的価値を広く国内外に発信していきたい」として、国立自然史博物館や大型プラネタリウムの建設、国立尖閣資料館の建設を要請。来島視察も要望した。

 電線類地中化への財政的支援や、港湾関係予算の確保なども要請した。

 江崎大臣は「要請についてはしっかりと関係機関と調整する。年明けには八重山を訪問し、八重山諸島の魅力を肌で感じたい」と答えた。

  • タグ: 東京オリンピック
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム