八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

田渕さん(石垣中3年)6年連続入賞

第57回県児童・生徒科学賞作品展で6年連続の入賞を果たした石垣中3年の田渕鈴夏さん(中央)。左は指導者の唐真盛人教諭、右は宇根東杜教諭=28日午後、同校

第57回県児童・生徒科学賞作品展で6年連続の入賞を果たした石垣中3年の田渕鈴夏さん(中央)。左は指導者の唐真盛人教諭、右は宇根東杜教諭=28日午後、同校

小4から名蔵アンパルを研究

 第57回県児童・生徒科学賞作品展(県理科教育協会主催)の中学校の部で、石垣中3年の田渕鈴夏さん(15)が名蔵アンパルをテーマに継続した研究で小学4年から6年連続の入賞を果たした。出品対象者は中学生までだが、田渕さんは「市内の高校に進学し、生物部に入って研究を深めていきたい」と意欲をみせている。

 田渕さんは2012年と13年に佳作、14年に最優秀賞、15年に優良賞、16年と17年に優秀賞を受賞した。

 小学2年から研究を始め、4年で名蔵アンパルの干潟に住む生き物、同5年で赤土、同6年でアンパルの水系などを調べてきた。

 中学校からは、マングローブに生息する巻き貝のキバウミニナに着目し、主に食性を調査。ことしは産卵に興味を持ち、満潮時のキバウミニナや、卵塊がある場所などを調べ、内容をまとめた。

 田渕さんは郷土芸能部にも所属。民謡「アンパルヌミダガーマユンタ」の舞台にもなっているアンパルには、部活動が休みの日や夏休みに通った。調査には同校の唐真盛人教諭(31)と宇根東杜(あがと)教諭(25)が同行してアドバイス。田渕さんは「一緒に行って、いろんなことを教えてくださり、本当に感謝している」と話す。

 これまで何度か研究を終えようと思った時もあったが、その度に疑問が湧き続けてきたという田渕さん。高校では「キバウミニナの産卵時期や、月の満ち欠けが影響するのかなど、研究してみたい」と意気込んでいる。

 唐真教諭は「研究だけでなく、学校生活でもいろんなことに挑戦している。今後もいろんな生き物を見て、興味のある分野に取り組んでいってほしい」、宇根教諭は「興味のあるものにとことん取り組む姿勢があり、探求心が強い。研究を継続しながら、成果を後輩にも伝えてもらえたら」と期待している。

  • タグ: 県児童・生徒科学賞作品展
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム