八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山育成園の利用者と職員が心を込めて製作した名物しめ縄…

 八重山育成園の利用者と職員が心を込めて製作した名物しめ縄の初出荷の報道があり、いよいよお正月かとの思いで今年も近づく師走を実感する▼1年は365日と言ってみても晴れた日もあれば、雨の日もあったように人それぞれには過ごした日々の表情がある。師走の足音は、今年も残り少なくなっていることを改めて感じさせ何となくせわしく、切なく身が引き締まる思いがする▼何かと慌ただしい師走には人が動き、金が動く。年末は昔も今を変わらず、不注意から思わぬ犯罪や事故に巻き込まれかねない。27日には市内登野城で木造瓦葺の民家が全焼する火災が発生、60代男性と高齢の女性が住民らに助け出され、事なきを得た▼火事ほど怖いものはない。楽しかった思い出も含めすべての物が灰じんに帰すこともあり、死者を出す惨事ともなればなおさらである。火災は依然、怖いものの筆頭格なので年末にかけて身の回りの安全をいま一度点検して火の用心を心掛けたい▼これから暮れにかけ忘年会などで酒を飲む機会も多くなろう。これぐらいは大丈夫という気の緩みが人生で取り返しのつかない結果を招く。家族や周りの人たちを悲しまさせることがないよう飲酒運転には注意したい▼今年の師走の風が身も心も冷たくならないように家族そろって無病息災で乗り切り、新年に希望をつなげよう。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム