八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ITセンターへ移転 竹富町教委

12月4日に竹富町教育委員会が入居する石垣市IT事業支援センター=24日午後、石垣市新栄町

12月4日に竹富町教育委員会が入居する石垣市IT事業支援センター=24日午後、石垣市新栄町

来月4日までに引越し
2020年5月末まで入居予定

 竹富町役場の老朽化で同町教育委員会(仲田森和教育長)の屋根コンクリートが一部剥落したのを受け、町は12月4日に竹教委を石垣市IT事業支援センター=新栄町=に移すことを決めた。同月1日付で市と賃貸契約を交わし、新町庁舎の石垣支所完成が見込まれる2020年5月末まで入居する予定。剥落判明から約2カ月後の移転となり、仲田教育長は「とても安心した。最近は大雨が続き雨漏りの影響など心配だったが、ようやく職員らの安心・安全面の確保ができる」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。竹教委の移転は今回で3度目。

 移転先の同センターは市民会館の北側に位置し、鉄筋コンクリート造り3階建て。竹教委は3階の2部屋計375・41平方㍍に、総務・教育・社会文化課の3課と会議室、教育長室、町史編集室を構える。

 町は来月1日に同日付で2018年3月31日までの本契約を結び、12月2、3日の両日で引っ越し作業、週明け4日から通常通りの業務にあたる。契約は年度ごとに更新、具体的な賃貸料は調整中としている。

 町は石垣支所建設地の選定資料を基に、▽250平方㍍以上のスペース▽石垣港離島ターミナルから徒歩5分、半径500㍍以内▽業務に支障がない設備機能ーを条件に移転先の選定作業を進めていた。

 竹教委は庁舎の手狭などを理由にこれまで、石垣市教委と旧離島ターミナルを転々とし、1977年9月の庁舎増改築後に現スペースに移った。

 現在、竹教委がある2階部分は屋根の補修工事後に会議室として活用する。

 竹教委は10月4日の業務時間中に天井部から大きな落下音が響き、屋根の複数箇所でコンクリート塊が剥がれ落ちていたことが分かった。同月7日の強度検査では崩落の危険性を指摘されていた。

 【移転に伴い連絡先変更】

 来月4日以降の竹教委の連絡先は次の通り。

 ▽総務課(87ー6255)▽教育課(87-6256)▽社会文化課(87-6257)

  • タグ: 竹富町教育委員会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム