八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「アップダウンが多くてペースを安定させることができなかった」…

 「アップダウンが多くてペースを安定させることができなかった」「どの大会よりもきつかった」「風が強くて前に進めなかった」。去る11日に行われた第25回日本最西端与那国島一周マラソン大会に出場した島外ランナーの感想である。みなヘトヘトだった▼当日はあいにくの雨。これに北北東から11・8㍍の風、最大瞬間で15㍍以上の風が吹いた。冒頭の感想だけみると、楽しめなかったのかなと思えるが違う。大満足だった▼与那国中学校をスタートして東から一周するコース。東崎、サンニヌ台、立神岩、南牧場、西崎を通過する。牧場で馬や牛が草をはむ景色は牧歌的。断崖絶壁、そびえ立つ岩が荒々しい絶海の孤島を演出。黒潮の大海原が無限の広がりを感じさせる▼これだけ変化に富むコースは全国にもないのではないか。加えて、上っては下り、下っては上る起伏に富んだ地形。だからペースを保つのが非常に難しい。これも、与那国ならでは▼初参加で1位になったフルマラソン歴8年の須藤剛さん(東京)は、4連覇中の村松稔さんに上りで離され、下りで追いつくことの繰り返しに驚いていた▼過酷だが、おもしろい。「日本最西端、出会いとふれあいがあふれる島」がサブタイトル。もっと売り込める。伸びしろはいっぱいだ。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム