八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島の自然を満喫 グレイトアース石垣島ライド10周年

新城幸也を先頭にスタートするグレイトアース石垣島ライドの参加者ら=19日午前、舟蔵公園

新城幸也を先頭にスタートするグレイトアース石垣島ライドの参加者ら=19日午前、舟蔵公園

3コースをサイクリング
幸也も参加 交流楽しむ

 

 サイクリングイベント「グレイトアース誕生10周年記念大会石垣島ライド」(同実行委員会主催)が19日、舟蔵公園を発着点に石垣島西回りの125㌔、95㌔、60㌔の3コースで行われ、島内外から362人が参加した。石垣市出身のプロロードレーサー新城幸也も125㌔に参加し、参加者とともにサイクリングを楽しんだ。

 イベントは長距離サイクリングを通して、石垣島の美しい自然や環境について考えようというもので、ことしで開催10周年。新城はスタート前のセレモニーで「速く走らずに、ゆっくりと石垣島を楽しんでほしい」とあいさつ、先頭でスタートした。参加者らもマイペースで島の景観を楽しみながら快走した。

 コース上には、かき氷や八重山そばなどを振る舞うエイドステーションもあり、参加者を喜ばせた。

 出場2回目の仁助透さん(48)と智穂さん(50)夫妻=広島県=は「信号がなく美しい景観の中を長い距離走れるのはいい。雨が残念だったが、途中聞こえてきた虫や鳥、カエルのような鳴き声の主にも興味がわいた」と満足げ。

 初出場した、初来沖の村澤龍太さん(39)=東京都=は「国内外のイベントに出ているが、この時期にこの気温で走りやすかった。雨で少し寒かったが、エイドで食べた八重山そばの味がしみた」と笑顔を見せた。

 20日は西表島を走る「西表島ライド」も行われる。

 

  • タグ: サイクリンググレイトアース石垣島ライド
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム