八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台湾の台北市立第一女子高級中学に「緑衣使節」というグループがある。…

 台湾の台北市立第一女子高級中学に「緑衣使節」というグループがある。海外などから同世代の若者が来校すると、交流の手伝いをし、学校紹介を行ったりする▼八重高卒の本原泉さん(57)の引率で台湾を訪れた県内の高校生が9日、同校と交流(本紙16日付7面)し、そこでも緑衣使節が活躍した。日本語が話せる生徒も何人かいた▼沖縄の子どもたちが台湾の学校を訪れる機会は多い。八重山商工高校が今年3月に花蓮高級農業職業高校を訪れた時は、花蓮の生徒が日本語で学校紹介を行った。花蓮は、台湾のなかでも先住民(原住民)が多い地域。先住民は日本語を解す人が今も比較的多いという背景に加えて、発表の能力も高いのだろう▼では、言葉はそんなに大事なのか▼9日の交流では、台湾の生徒がひらがなを書く姿が印象的だった。沖縄の生徒が付きっきりで、英語と身振りで筆の運び方を伝えていく。作品が出来上がると、みんなで一緒にスマホでパチリ。交流の後は、互いに顔を寄せ合ってSNSで連絡先を交換し、「次の予定があるので、早く移動して」と言われてもなかなか動こうとしない生徒たちも▼八重山にも「緑衣使節」のようなグループがあればいいと思う。ただ、意思疎通のツールは多様化している。うまく使って異文化交流だ。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム