八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表島でトライアスロン 12月17日に初開催

12月17日に初開催される新感覚のスポーツ交流大会「西表島Happy77トライアスロン」への参加を呼び掛ける川尻哲央代表(左)と上地健太郎副代表=17日午後、竹富町商工会

12月17日に初開催される新感覚のスポーツ交流大会「西表島Happy77トライアスロン」への参加を呼び掛ける川尻哲央代表(左)と上地健太郎副代表=17日午後、竹富町商工会

スイム・バイク・ランの全77㌔
応募締め切りは12月2日

 西表島在住のスポーツ愛好家らで構成する「西表島スポーツプロジェクト(川尻哲央代表)」が12月17日に西表島で、新感覚のスポーツ交流大会「西表島Happy77トライアスロン」を初開催する。タイム測定や順位付けは行わず、スイム・バイク・ランの3種目を通して島の大自然を満喫してもらうとともに、大人から子どもまでが集う場づくりにつなげたい考え。17日午後、竹富町商工会で会見し、川尻代表は「初心者の方でも参加しやすい大会。西表のロケーションを味わいながら、ゆるい気持ちで楽しんでほしい」とPRした。応募締め切りは12月2日。

 大会はトライアスロン(スイム2㌔・バイク60㌔・ラン15㌔の全77㌔)、競技用自転車を所有していない島民も参加できるようにとアクアスロン(スイム2㌔・ラン5㌔の全7㌔)の2種目を設定。

 西表島祖納の前泊浜をスイム会場に、バイク60㌔は野原崎展望台、ラン15㌔は住吉牧場をそれぞれ折り返し地点としている。

 同プロジェクトは「西表島と人をスポーツでつなぎたい」をテーマに掲げ、2016年秋にスタート。

 空手エクササイズや走り方を指導するランニング・クリニック、夕日を楽しむWalk&Runを次々と企画。ことし3月には同大会の模擬レースを実施、参加者から好評を博し、今回の第1回開催が実現した。

 自身もトライアスロン競技者の川尻代表は「国内のトライアスロンシーズンは石垣島大会で幕開けする。信号機が少なく冬場でも泳げる島の環境を生かし、将来的には石垣島大会で始まり、秋の西表島で終わる形を目指したい」と展望した。

 大会参加資格は健康な20歳以上の男女。個人、またはチーム(2~3人)参加が可能で、定員100人。

 同日午後4時からは中野わいわいホールで、アテネオリンピックのマウンテンバイク(MTB)種目日本代表・竹谷賢二氏の講演会「夢の扉の開きかた」を同時開催。大会への参加有無問わず、入場無料。

 問い合わせは同プロジェクト(0980−85−6413)まで。

  • タグ: 西表島トライアスロン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム