八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ことし高校最速右腕の平良、西武と仮契約

撮影に応じ笑顔をみせる平良海馬=16日午前、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

撮影に応じ笑顔をみせる平良海馬=16日午前、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

会見で決意「プロを自覚」
「チームに貢献できる投手に」

 2017年プロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから4位指名を受けていた八重山商工の平良海馬投手(3年)は16日午前、石垣市内のホテルで球団側と入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸600万円(いずれも推定)で仮契約した。平良は同ホテルで会見し、「ここからは、プロ野球選手としての自覚をもっていきたい」と決意を述べた。(12面に関連)

 地元高校からのプロ野球選手誕生は6人目。平良は今後、西武と本契約を交わし、12月10日ごろに東京都内で入団発表を行う。来年1月には、ことしのルーキー全員が参加する合同自主トレーニング、2月1日からのキャンプに参加する。

 会見に同席した渡辺久信球団本部編成部長は「将来的はライオンズのエースとして、1年間ローテーションを回って、チームに貢献できる投手になってもらいたい」と期待を込めた。

 平良は身長173㌢、体重83㌔。右投げ左打ち。真喜良サンウェーブ、八重山ポニーズを経て八重山商工野球部に所属。ことし3月に行われた県春季大会の対中部商業戦で152㌔をマークし、ことしの高校生最速右腕として注目をされていた。

  • タグ: 野球八重山商工高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム