八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

プロの演奏を堪能

児童が振るタクトに合わせて演奏する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の奏者=16日午前、海星小学校体育館

児童が振るタクトに合わせて演奏する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の奏者=16日午前、海星小学校体育館

海星小でオーケストラ公演
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

 2017年度文化芸術による子どもの育成事業ー巡回公演事業ー(文化庁主催)のオーケストラ公演が16日午前、海星小学校(﨑山麻希校長、児童91人)で開かれ、国内外で活躍する東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(志田明子楽団長)の団員約70人が、迫力ある一流の演奏を披露した。鑑賞した児童や保護者らは、奏でられる音に魅了された。

 同事業は、子どもたちが優れた舞台芸術を鑑賞し、子どもの発想力やコミュニケーション能力の育成、将来の芸術家育成につなげることを目的としている。

 はじめに、児童らはワークショップで楽器紹介や活動内容の説明を受けた後、演奏を聴いた。

 指揮者の佐々木新平氏が、児童3人に指揮者の体験をさせ、腕の振り方やリズムの速度などポイントをアドバイス。3人は、少し緊張しながらもタクトを振った。

 演奏に合わせ児童らは、オーケストラ用にアレンジされた校歌を合唱。アンコールでは手拍子も沸き起こり、会場が一体となった。

 指揮者体験をした薮田昌喜君(12)=6年=は「普段、合唱団でコーラスをしているが、指揮をするのは初めてで緊張した。楽団の演奏は、今まで聞いた中で一番心に響く素晴らしい音だった」と感動した様子。

 公演は、15日に大浜小学校でも開催された。

  • タグ: 海星小学校オーケストラ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム