八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

オリジナル婚姻届活用を

八重山らしいデザインで記念日を彩ってもらおうと石垣市オリジナル婚姻届と同受理証明書を制作した=14日午後、石垣市役所庁議室

八重山らしいデザインで記念日を彩ってもらおうと石垣市オリジナル婚姻届と同受理証明書を制作した=14日午後、石垣市役所庁議室

石垣市が初制作で呼び掛け

 結婚という人生最良のハレの日を八重山らしさあふれるデザインで彩ってもらおうと石垣市は、アカショウビンのつがいや赤瓦屋根、アンガマなどをあしらった市オリジナル婚姻届を初制作した。15日午前10時から市公式ホームページでダウンロード可能で、A3サイズの白紙に印刷すれば国内の各市町村役場に提出できる。中山義隆市長は「石垣らしい婚姻届を作ることができた。ぜひ活用してほしい」とPRした。

 オリジナル婚姻届は▽あいなーよい(結婚式)▽あかがーら(赤瓦)▽とぅもーる(海)ーの3種類。

 デザインは、石垣島ゆかりの創り手でつくるプロジェクトチーム「石垣島Creative Flag」に委託、酒井木乃葉氏、池城安武氏、上原長剛氏がそれぞれ担当した。

 オリジナル婚姻届は、若い女性向けの結婚情報誌を中心に人気が拡大。県内でも独自デザインを発行する市町村が増えつつある。

 市によると7月のみで、他市町村在住者が各自用意したオリジナル婚姻届を提出した件数は19件。担当者は「単純計算でも年間200件余り。わざわざ石垣で提出してくれる方や、こだわりがある方に向けてPR効果は大きい」と話した。

 14日午後、市役所庁議室で記者発表し、「あいなーよい」をデザインした酒井氏は「結婚されるお二人の記念日が温かいものになるよう願いを込めた」とあいさつ。「あかがーら」を考案した池城氏は「結婚から家を連想し、八重山の赤瓦屋根でHAPPY WEDDINGなどの文字を表現している」と語った。

 市はオリジナル婚姻届に合わせた同受理証明書3種も新たに制作。「いい夫婦の日」の22日から発行可能で、手数料は1400円となる。市で婚姻届を提出した場合のみ取得できる。

  • タグ: 婚姻届
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム