八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

福里、喜納さん本部長賞

第11管区海上保安本部長賞を受賞した福里圭乃姫さん(中央左)、喜納かなんさん(同右)=8日午前、平真小学校体育館

第11管区海上保安本部長賞を受賞した福里圭乃姫さん(中央左)、喜納かなんさん(同右)=8日午前、平真小学校体育館

小学生低学年の部・福里圭乃姫さんの作品「平久保灯台」=石垣海上保安部提供

小学生高学年の部・喜納かなんさんの作品「見晴らしいいな!」=石垣海上保安部提供

海保の灯台絵画コンテスト

 灯台絵画コンテスト2017(公益社団法人燈光会主催、海上保安庁後援)の第11管区海上保安本部長賞に、小学生低学年の部・福里圭乃姫(かのこ)さん(8)=平真小3年=と同高学年の部・喜納かなんさん(11)=同5年=が選ばれた。8日午前、同校で遠山純司石垣海上保安部長が2人に表彰状を伝達した。同コンテストは149周年灯台記念日関連行事の一環。

 福里さんの作品タイトルは「平久保灯台」。平久保崎灯台をクレヨンで下書きし、ちぎった折り紙を貼り付けた。他とは違う作品に仕上げたかったそうで「灯台の白色に気をつけて、空と海の青色を使い分けた」とこだわりを話した。

 喜納さんの作品タイトルは「見晴らしいいな!」。夏休みに家族と鳩間島でキャンプをした際に、鳩間中森の物見台から見た景色を絵にした。そこから見える鳩間島灯台や西表島の島影、海上に浮かぶヨットを描いている。

 また、灯台の影部分は、クレヨンを指につけて擦り表現したという。

 ヨットが好きだと話す喜納さんは「海がきれいで、そこから見る景色はとても広かった。ヨットと雲にもこだわった」と感想を話した。

 遠山部長はあいさつで「灯台はきれいなだけではなく、沖を航行する船の道しるべとなり、大きな役割を果たしている」と海の安全になくてはならないことを伝えた。

 本コンテストは、全国の小中学校に通う児童・生徒を対象に、灯台のある風景をテーマに作品を公募している。今回、全国から774点、県内117点の応募があった。

  • タグ: 灯台絵画コンテスト第11管区海上保安本部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム