八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山郡内の拠点病院「県立八重山病院」。郡内に住む多くの人々が一度は…

 八重山郡内の拠点病院「県立八重山病院」。郡内に住む多くの人々が一度はお世話になったことだろう▼その八重山病院が未納診療費に苦慮している現実があるという。同病院によると、ことし9月末時点の未収額は現年度、過年度含め総額2億783万円。件数にして6429件。ほぼ前年度から横ばいだが、民間医院なら倒産してもおかしくない額だ▼全体の約91%が前年度までの累計、残りの約9%が現年度の未収額。過年度分を回収する一方で新たな未収が発生。長年のこの繰り返しで積もった額だ。現状では、両方の回収率を上げ、年次的に未収を減らしていくしか方法はなさそうだ▼未納は、所持金不足で当日中に支払いができず未払いになるケースなどに加え、支払い能力があるにも関わらず払わない悪質なケースもあるという▼同病院では11月を「未納診療費回収強化月間」として、未納診療費の督促と収納を強化。悪質なケースには法的措置も検討するという。一方で、生活に困っていたり、多額の未納を抱え、支払い計画が立てられない人には相談を呼び掛けている▼県立といえど、診療費の未収は病院運営に影響し、利用者に医療サービスの悪化として跳ね返る恐れも。一部の未納者のために全体が不利益を被ることは避けたいものだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム