八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

田福、全日本空手初V 八重山初の快挙

壮年男子無差別B(50代の部)でオープントーナメント全日本空手道選手権大会を制した田福雄市=5日、東京駒沢オリンピック公園体育館(極真空手石垣道場提供)

壮年男子無差別B(50代の部)でオープントーナメント全日本空手道選手権大会を制した田福雄市=5日、東京駒沢オリンピック公園体育館(極真空手石垣道場提供)

壮年男子無差別B
前々回王者を判定で下す

 東京都内で5日に開催された直接打撃制の第48回オープントーナメント全日本空手道選手権大会(主催・一般社団法人国際空手道連盟極真会館)で、沖縄県代表として壮年男子無差別B(50代の部)に出場した極真空手石垣道場責任者の田福雄市(51)が初優勝の快挙を成し遂げた。八重山初。

 持ち前のパワーとスタミナで初戦から決勝まですべての試合で本戦勝利。決勝では前々回王者を5ー0の判定で下した。同道場は全日本大会で多数の上位入賞者を輩出しているが、日本一は石垣道場発足23年目にして初めて。田福は、後進の指導の傍ら自らの鍛錬も怠らず悲願を達成した。

 田福は、4年前の現役復帰以降一度も結果を残せなかったことから、パワー重視の組手スタイルを一新。ウエートトレーニング以外に、自転車やサーキットなどを導入してスタミナアップを図るなど、1日4~5時間の練習を積んできた。体重を10㌔以上落とすなど、動きに自信を得て大会に臨んだ。

 田福は「おかげで試合中にスタミナが切れる心配がなくなったので、全日本では自信を持って戦えた。私の一番の目標は優秀な選手を育てることと、地域の未来を担う子どもたちに武道精神を伝えていくこと。これからも子どもたちといっしょに頂点を目指し、日々精進していきたい」と話している。

  • タグ: 空手
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム