八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣で津波防災を学ぶ 世界の高校生

かつて八重山を襲った「明和の大津波」や市行政の防災対策に理解を深める世界各国の高校生ら=6日午前、石垣市民会館中ホール

かつて八重山を襲った「明和の大津波」や市行政の防災対策に理解を深める世界各国の高校生ら=6日午前、石垣市民会館中ホール

視察や交流で知見広げる

 5日の国際デー「世界津波の日」に伴い7、8日に沖縄コンベンションセンターで開催される啓発イベント「『世界津波の日』2017 高校生島サミットin沖縄」(県など主催)を前に、世界25カ国の高校生でつくる若き津波防災大使の一行が6日、石垣島スタディーツアーを実施した。生徒らは市内各地を視察し、1771(明和8)年4月に八重山を襲った「明和の大津波」や市行政の防災への取り組みに知見を広げるとともに、地元高校生との交流を楽しんだ。

 同ツアーは日本の自然災害の歴史と対策を学び、今後の課題や自国での展開などの議論を交わすことで、各国共通の課題である津波・地震被害の最小化に向けた次世代のリーダー育成を目的とするもの。

 島しょ国や沿岸災害被災国を含む計25カ国の生徒ら174人が宮古島と石垣島の2カ所に分かれ、現地を視察した。

 6日午前、市民会館中ホールで市防災危機管理室による歓迎会と防災レクチャーが開かれ、大濵武室長が市の防災対策を紹介。

 大濵室長は「津波から身を守る最善の方法は早期避難以外にない」と強調し、地域の人々を災害から守るリーダーになってほしいと期待を寄せた。

 市教委文化財課の島袋綾野さんは明和の大津波を解説し、「最大遡上(そじょう)高約30㍍にもかかわらず、かつては85㍍という説が流布された。津波の恐ろしさを伝える意味もあったかもしれないが、それでは逃げられないと思う人々も出てくる。(被害を減らすのためにも)正確な情報を発信する努力をしてほしい」と訴えた。

 市防災作文コンクールで最優秀賞に輝いた平良由香子さん(石垣中3年)による英語での発表もあった。

 一行は講演終了後、バンナ公園展望台から明和の大津波の襲来方向や遡上(そじょう)高を確認したほか、明和の大津波慰霊之塔への献花、大浜の津波大石を通して津波の脅威を体感。3カ国語で流れる避難誘導放送も視聴した。

  • タグ: 世界津波の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム