八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山平和祈念館の企画展「ふる里を手離し ふる里を造った人たち」を観た。…

 八重山平和祈念館の企画展「ふる里を手離し ふる里を造った人たち」を観た。戦前、戦後の八重山に開拓入植した人々や集落の歴史に光をあてた▼石垣は風土病マラリアあるがゆえに未開墾地の多い島だった。ジャングルを切り拓き、焼いて田畑となす。猪の害や「開拓マラリア」に苦しみ、やがて住居を構え、学校を建て、ふる里とした労苦▼琉球王府時代には島分けによる強制移住、廃村を繰り返した歴史がある。明治24年、糖業奨励、土地貸与の「八重山開墾規則」に基づき中川虎之助の名蔵開拓、尚家お抱え首里士族の登野城シーナ原開拓がなされ、放火など地域社会混乱の末に失敗した▼昭和6年、農林省が「石垣町登野城嵩田開墾地移民規程」を告示。台湾からの農業移民が始まると、水牛使役などの高い農業技術に島民は圧倒され「次男、三男が耕す土地がなくなる」と水牛上陸阻止騒ぎもあった▼開南、川原は戦前から続く開拓村の成功例。戦後は自由移民、政府計画移民で17の集落が誕生した。開拓のしんがりが昭和32年の於茂登。マラリア撲滅はその5年後であった▼村々は人々が血と汗と涙で拓き、その子や孫が生まれ育ち、豊穣の大地とした豊かなふる里である。そのふる里を陸自配備の国策が奪ってはいけない。企画展は26日まで、無料。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム