八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

華麗にパフォーマンス 石垣島まつり

市民大パレードには37団体から約2000人が参加。沿道にも多くの市民が繰り出した=5日午後、JAおきなわ八重山地区本部前

市民大パレードには37団体から約2000人が参加。沿道にも多くの市民が繰り出した=5日午後、JAおきなわ八重山地区本部前

市民大パレードに37団体
石垣第二がコンテスト1位

 石垣市制施行70周年第53回石垣島まつり2017(同実行委員会主催)は5日、新川小学校前~市役所前のコースで市民大パレードを行った。37団体から約2000人が参加し、この日のために準備してきたパフォーマンスを披露した。沿道には多くの市民や観光客らが繰り出し、特徴を生かした各団体の演技を楽しんだ。石垣第二中マーチングバンド部(川満凜部長)がベストパフォーマンス賞、郷土芸能部(岸本沙羅部長)とカラーガード部(今村紫音部長)のコラボで参加した八重山高校がパフォーマンス賞に選ばれた。

 パレードは午前11時にスタート。先頭にガレッジセールのゴリと川田さん、親善都市も加わり、節目のパレードを盛り上げた。

 一般団体では「ブルゾンちえみ」のダンスが登場、沿道を沸かせた。宮城姉妹の本場のサンバには目を丸くする市民も。アニメの人気キャラクターに子どもたちは大喜びだった。パレード参加者からお菓子のプレゼントもあり、沿道から声援が送られるなど、双方に笑顔が広がった。

 パレードコンテストは今回、沿道の住民の投票で入賞を決める方法となり、総数1438票のうち石垣第二中マーチングバンドが160票、八重高が144票を獲得、新栄公園の特設舞台で表彰された。

 石垣第二の川満部長(3年)は「見ている人に楽しさが伝わるように心掛けた」と満足げ。八重高郷芸の岸本部長は「派手な衣装で恥ずかしかったが、楽しかった。後輩には1位を」、カラーガード部の今村部長は「沿道からたくさんの声援を受け、楽しく踊ることができた」と話した。 

 この日の舞台では一般公募6団体、県警音楽隊、岡崎市のグレード家康公「葵」武将隊、稚内海峡太鼓保存会、RYOEI、THE SAKISHIMA meetingなどのショーやライブ演奏があった。セレモニーでは岡崎市、稚内市、北上市、犬山市、蘇澳鎮の関係者が紹介され、市制施行70周年を祝して会場とともに乾杯、今後の交流発展を願った。

 フィナーレを飾る打ち上げ花火では岡崎市が協賛。350発が夜空を彩ると、会場からは歓声が上がった。

  • タグ: 石垣島まつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム