八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島まつりが開幕 ステージと出店熱気

石垣島まつりの幕開けを飾る大川字会旗頭・棒・獅子保存会。くす玉を割り、石垣市制70周年を祝った=4日午後、新栄公園

石垣島まつりの幕開けを飾る大川字会旗頭・棒・獅子保存会。くす玉を割り、石垣市制70周年を祝った=4日午後、新栄公園

きょう市民大パレード

 石垣市制施行70周年第53回石垣島まつり2017(同実行委員会主催)は4日、新栄公園を主会場に開幕した。八重山の産業まつりも市民会館中ホールで同時開催。初日は強風に時折小雨が交じる悪条件となったが、来場者はステージと出店を楽しんだ。まつりのハイライト、市民大パレードは5日午前11時から午後3時まで、新川小学校~石垣市役所前のコースで行われる。今回は住民参加の人気投票を実施、国仲スポーツ新栄店前と市役所第2駐車場前に投票場が設けられる。

 石垣島まつり会場の新栄公園と周辺には出店、おもちゃ・ゲーム、友好親善、福祉関係の各コーナーに40業者・団体がテントを連ねている。島外からは岡崎市、北上市、松阪市、稚内市、台湾・蘇澳鎮が特産品を展示販売している。福祉関係コーナーでは、県立八重山特別支援学校や各団体が丹精込めて製作・栽培した商品を並べている。

 初日は午前11時50分からオープニングセレモニーがあり、大川字会旗頭・棒・獅子保存会(野原喬会長)が獅子舞を披露し、まつりの成功を祈願。実行委員会会長の中山義隆市長は「市制施行70周年を祝い、本市の活力と創造性を結集して開催される。まつりを楽しんでもらいたい」と呼び掛けた。島外参加者のうち稚内市の工藤広市長、蘇澳鎮の陳金麟鎮長が「今後も交流を充実させたい」などと交流発展を願った。

 この日の舞台は一般公募8団体によるステージパフォーマンス、郷土芸能の夕べの後、石垣市出身の姉妹ユニットIRIS(イーリス)、大工哲弘・苗子さんのライブで盛り上がった。

  • タグ: 石垣島まつり八重山の産業まつり
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム