八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新校舎の落成祝う 海星小

新校舎落成式典で校歌を斉唱する海星小学校の児童ら=3日午後、カトリック石垣教会

新校舎落成式典で校歌を斉唱する海星小学校の児童ら=3日午後、カトリック石垣教会

創立50周年記念事業
在校生や卒業生ら集う

 日本最南端のミッションスクール、学校法人カトリック学園海星小学校(﨑山麻希校長)の新校舎落成式典が3日午後、カトリック石垣教会聖堂で開かれ、同校の在校生や職員、卒業生ら200人以上が真新しい学び舎の完成を祝った。

 2階建ての新校舎は、2013年の創立50周年記念事業の一環として昨年11月に着工。ことし9月に完成し、10月2日から運用を開始している。

 同校の教育理念である〝友愛〟をモチーフに、八角形の学習棟や、床・ロッカーなどに木材を使用し、温かみのある内装となっている。児童や保護者のニーズに応えて多目的室が拡張されたほか、校内全室の出入りは段差のないバリアフリー。昇降用エレベーターも設置された。

 式典で﨑山校長は「聖書の言葉に『新しい革袋には新しいぶどう酒を』とあるように中身こそ大切。友愛の心を注ぎ込んでいきたい」と述べ、第49代児童会長の名嘉杏彩希さん(6年生)が「すべてが新鮮だが、私たちがしっかりしなければ。友愛の心を大切に、新しい学校の歴史をつくっていきたい」と抱負を語った。

 施工3業者に﨑山校長から感謝状が贈られ、代表してサキヤマ建築設計事務所代表者の豊川敏彦氏が「教育理念を念頭にゆとりと温かみのある設計にした。弱者に優しい建物になっていると思う」とあいさつした。

 式典後は、新校舎玄関前で大川旗頭棒獅子保存会(野原喬会長)の獅子舞が披露され、児童らは獅子の迫力に歓声を上げた。

  • タグ: 海星小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム