八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

読書の秋。大学時代に記者という職業に関心を持つきっかけの一つとなった「戦場の村」…

 読書の秋。大学時代に記者という職業に関心を持つきっかけの一つとなった「戦場の村」(本多勝一著、朝日文庫)を、めくってみた。ベトナム戦争を描いたもので、タイトルこそ刺激的だが、書き出しはこうだ▼「あと十数分で、二月九日(一九六七年)の午前零時を迎えようとしていた。サイゴンのほぼ中心部にあるキャラベル=ホテルの屋上にあがると、夜の市街を一望に見渡すことができた。すべてのベトナム人にとって、今夜は年に1度の最大のお祭りー旧正月(テト)を迎える大みそかの夜である」▼この後、旧正月休戦に入っているサイゴン(現ホーチミン)のお祝いムードを伝えながら民衆の中に入っていく▼6部構成のうち1部から4部までは「サイゴンの市民」「山地の人々」「デルタの農民」「中部の漁民」。普通の民家に住み込み、ベトナム人の暮らしぶりをつぶさに取材し、日常の悲喜こもごもをつづる▼読み進めていくうちに、ベトナム人が身近な存在に。そして第5部「戦場の村」、第6部「解放戦線」と続く。そんな人たちが悲惨な目に遭う姿に怒り、悲しみ、そしてベトナムの解放を求める姿に希望を見いだしていく▼そんなところに感銘を受けたのだと思う。何よりも日常こそ守らなければならない優先事項なのだと。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム