八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台風22号 空の便2500人余影響

出発予定表をチェックする利用客ら=28日午前、南ぬ島石垣空港

出発予定表をチェックする利用客ら=28日午前、南ぬ島石垣空港

予定変更に観光客ら困惑

 台風22号が28日、沖縄本島に接近したことに伴い、八重山の空と海の便にも欠航が出るなど影響が出た。石垣、与那国発着のダイヤは大きく乱れ、40便近くが欠航、2500人余りの足に影響が出た。南ぬ島石垣空港や石垣港離島ターミナルでは、観光客や住民らが予定変更を余儀なくされ、戸惑う姿が見られた。

 日本トランスオーシャン航空(JTA)では石垣―那覇で13便が欠航し、1056人に影響。琉球エアーコミューター(RAC)では石垣―那覇、那覇―与那国、石垣―与那国で6便が欠航、137人の足に狂いが出た。全日本空輸(ANA)では石垣―那覇で18便、石垣―名古屋で1便、石垣―中部で1便の運航ができず、約1400人が予約を変更したり、臨時便に振り替えたりした。

 石垣と竹富町の離島を結ぶ海上交通は波照間行き、西表島上原行き、鳩間島行きが全便運航ができなかった。

 29日はJTAが通常運航を予定。RACが那覇―与那国の1便、ANAが石垣―沖縄の1便の欠航を決めている。海上交通では、各船会社は同日朝の天候を見て判断する。

 兵庫県から家族10人で観光に訪れた60代の男性は石垣空港ロビーで出発予定表を見ながら「きょう帰る予定だったが、搭乗予定の便が飛ぶのか分からず困っている。29日の便に変更しても、台風が北上したら今度は大阪の空港が開くかどうか」と困惑顔。

 西表大富在住の30代女性は、離島ターミナルで「西表からきょうの朝来た。なんとか出航してくれたが、結構揺れた」と話した。

  • タグ: 台風
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム