八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

今や世界的に見ても政治家の年齢は若返り傾向にある。…

 今や世界的に見ても政治家の年齢は若返り傾向にある。なにかと話題の多い米国のトランプ氏でも年齢的にはギリギリのところにあるのではないか▼その点、日本の代議士が80歳を超えても現役でいられるのは特別か。先日の衆議院選挙で敗れたわが選挙区の候補者も、急な解散で後継者に託す余裕もなく80歳の私が引き続き出ることになったが十分な選挙運動ができなかったと自身の年齢も敗因に挙げていた▼公約は別にして、さもありなんと納得しつつ田舎の選挙では下世話な敗因も口の端に上っている。落選氏は前回の初当選以来、先島の老若浮動票向けの自身の名前のアピール運動が足りなかった、いや皆無だったのではないかと指摘する葬祭業者▼政治家は祝儀は慎むが有権者の死を悼む香典や弔電は横並びで実践している。香典帳は身内しか見られないが、弔電は島々の告別式では、ほぼ確実に名前が読み上げられ会葬者の耳には、いやでも入ってくる▼そう言われてみると落選氏の弔電は覚えがなく当選氏は保革問わず選挙区内の有権者には紋きり型ではあるが丁重な弔電を寄せて名前を売り続けてきた▼この繰り返しの長所は最近の若い政治家の難しい名前でも、なるほどこんなに読むのかと正確に伝えられること。すみません。某社の回し者みたいで。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム