八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう26日は野球ファンのみならず、多くの人々が注目する…

 きょう26日は野球ファンのみならず多くの人々が注目する2017プロ野球「ドラフト会議」。プロを目指す多くの野球選手たちの運命を決する日だ▼ことしは高校新記録の高校通算111本塁打を放った早稲田実業の清宮、今夏の甲子園で新記録の6本塁打を放った強肩捕手の中村(広島広陵)、最速151㌔右腕・石川などが高校生の中から1位指名が見込まれ、だれがどの球団に行くのか興味は尽きない▼その中、ことしは八重山から八重山商工高校の平良海馬(3年)の指名が有力視されている。ことしの高校投手最速の152㌔を記録した豪腕。打でも非凡な才能を持ち、複数の球団が興味を示していると伝えられている▼平良は身長173㌢と投手としては小柄だが馬力があり、まだまだ伸びしろがあるとされる。指名されれば郡内の高校からは2006年の大嶺祐太(現ロッテ・八商工)、09年の大嶺翔太(同)兄弟に続き、4人目となる▼プロ野球選手は、野球に打ち込む子どもたちの共通の夢であり憧れ。平良がプロ入りすることで、少年たちが遠い存在として夢見るプロ野球選手が、頑張れば手が届くより身近な夢へと変わり、子どもたちの奮起にもつながってきそうだ▼平良は26日午後、学校で指名を待つ。上位指名の朗報を期待したい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム