八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

創立30周年誕生祭で交流

市フォークダンスクラブの30周年誕生祭で、笑顔で踊る参加者たち=22日午後、双葉公民館

市フォークダンスクラブの30周年誕生祭で、笑顔で踊る参加者たち=22日午後、双葉公民館

石垣市フォークダンスクラブ
親睦深め、さらなる発展へ

 石垣市フォークダンスクラブ(古堅美佐会長、会員25人)の創立30周年誕生祭が22日午後、双葉公民館であり、会員やOB、糸満フォークダンスクラブの会員ら約50人が50曲を踊り親睦を深め、今後のさらなる発展を願った。

 同クラブは1988年10月、日本フォークダンス連盟の公認指導者だった金城利信さん(69)=糸満市=と、妻の美佐子さん(68)=同=が発足させた。94年ごろから後任の湖城常美さん(69)が指導している。

 誕生祭では「アメイジンググレイス」などを踊ったほか、金城さんの教え子6人がサプライズでオーストリアの曲「チロルのレントラー」を披露し、花を添えた。

 25年前に入会した女性会員は「〝年とともに何を見ても面白く楽しく〟をモットーに、人生を楽しいものにしようと日々努力している。フォークダンスは音楽も踊りもすてき。今できることを精いっぱいしていきたい」と意欲。

 古堅会長は「市教委や市体育協会にお世話になって30周年を迎えられた。これまで山あり谷ありだったが、会員の皆さんの体をいたわりながら、笑顔で楽しく和気あいあいと頑張っていきたい」と決意を新たにした。

  • タグ: フォークダンスクラブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム