八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

阻止か推進か〜問われる陸自配備計画 衆院選

有権者に手を振る(右から)仲里利信氏=13日午前・西表白浜、西銘恒三郎氏=15日午後・JAやえやま地区本部前、富川泰全氏=10日午後・730交差点

有権者に手を振る(右から)仲里利信氏=13日午前・西表白浜、西銘恒三郎氏=15日午後・JAやえやま地区本部前、富川泰全氏=10日午後・730交差点

3氏、賛否鮮明 沖縄4区・八重山
得票への影響 最大焦点

 衆院選沖縄4区の市町村のうち、石垣市では陸上自衛隊配備問題が大きな争点となっており、前職の仲里利信氏(80)=無所属=は「配備阻止」、前職の西銘恒三郎氏(63)=自民公認、公明推薦=は「配備は当然」、新人の富川泰全氏(38)=幸福実現党公認=は「配備で防衛力強化」の立場を示している。陸自配備問題が得票数にどう影響するかが最大の注目点だ。

 4区の前回選挙で仲里氏は7万1227票を獲得、6万5828票の西銘氏を破って当選したが、八重山3市町ではいずれも西銘氏の得票を下回った。西銘氏は普天間飛行場の辺野古移設を容認したため厳しい戦いを強いられたものの、先島では仲里氏を上回る強さを発揮した。

 このうち石垣市では仲里氏8255票、西銘氏9010票と755票差。今選挙で仲里氏の八重山選対(本部長・次呂久成崇県議)は1万票以上、西銘氏の八重山選対(本部長・砂川利勝本部長)は1万1000票を目標に掲げている。票差が開くのか縮むのか、あるいは逆転するのかが焦点となる。

 選挙戦で仲里陣営は「自衛隊配備阻止」を前面に打ち出し、石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会が1万4000筆余りを集めた署名運動の勢いを投票行動につなげたい考え。次呂久県議は「署名も民意の一つだが、選挙でもあらためて民意を示したい」とする。

 西銘氏は「自衛隊配備は当然」との立場を示していることから、選対本部もこれを前面に打ち出しておらず、「政権選択選挙」「自公政権の実績」「経済対策」などをPR。砂川県議は「争点は経済対策。自公政権が取り組んできたことは評価されると思う」としている。

 一方、富川氏は「石垣島に配備して防衛力を高める。自分の国は自分で守る」と主張している。

  • タグ: 衆院選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム