八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

沖銀八支店の新社屋着工

沖縄銀行八重山支店新社屋の完成予想図(沖縄銀行提供)

沖縄銀行八重山支店新社屋の完成予想図(沖縄銀行提供)

旧八重山署跡地に建設
19年3月に完成予定

 沖縄銀行八重山支店(松田敦支店長)の新社屋建設の起工式が17日、八重山警察署跡地の社有地(2770平方㍍)で行われた。新社屋は新栄町の石垣出張所を統合し、2019年3月の完成、同4月の開店を予定している。同社は08年に市から土地を購入したが、その後、市役所庁舎の建て替え計画が具体化、動向を見極めるため着工を延期していた。市役所庁舎移転決定後、庁舎跡地など美崎町再開発を見据え、予定通り同地での建設を決めた。地域の要望もあったという。

 市役所庁舎移転後の跡地利用が課題となる中、隣接地に金融機関の庁舎が建設されることは明るい材料で、美崎町再開発の促進につながりそうだ。美崎町自治公民館の武内憲治館長は取材に「大歓迎。市役所庁舎が移転するので、大きな建物ができれば人も増え、人の流れもでき、美崎町の活性化が望める」と期待した。

 中山義隆市長は起工式でのあいさつで「今回の着工に関しても、まさに地域密着・地域貢献を実践していただいていることに感謝している」と述べた。

 新社屋は鉄骨造の3階建て、延べ床面積2946平方㍍。総事業費は14億円。1階に営業窓口、2階は各種ローンサービスが土日でも受けられるステーションを開設。3階は250人が収容可能なスペースを設け、地域住民にも無料開放する。催し物などの利用も可能となる。車両61台の駐車場も完備し、現店舗の狭隘(きょうあい)な駐車スペースの課題を解消する。

 起工式で、玉城義昭頭取に代わってあいさつした保久盛長哲常務取締役は「ユニバーサルデザインを採用した、誰でも利用し立ち寄りやすい店舗をコンセプトに、八重山地域の活性化・経済の発展に精いっぱい貢献したい」と決意。松田支店長は「現店舗は、築50年余りが経過し、老朽化が心配されていた。八重山支店はことしで創立60周年を迎え、今後も地域に根差した銀行を目指したい」と話した。

地図
  • タグ: 沖縄銀行
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム