八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

幼少のころ、まだ桃やバンシルー(グァバ)が身近にあった。…

 幼少のころ、まだ桃やバンシルー(グァバ)が身近にあった。熟んでいるものを取って食べた。お気に入りは桃。産毛のような毛がついているため、ズボンにこすりつけ、毛を落としてからパクリ▼桃の木をみつけると、早く実が色づいてくれないかなと待ちわびていた。自宅庭にもあったが、いつの間にかなくなっていた。今では、ほとんど見かけなくなった。どこに行ったのか▼それはさておき、桃もバンシルーも食べるときは注意が必要だった。必ず実を割って中を確認する必要があった。外皮に傷がある場合は目を皿にようにチェックした。たまにウジ虫のような小さい幼虫がいたからである▼それがミカンコミバエの幼虫だった。当時はもちろん知らない。これが原因で島外に果樹類などが持ち出せないことも。八重山では1982年度から根絶に向けた防除が始まり、86年に根絶が確認された▼そのミカンコミバエがことし8月から9月にかけ、根絶以来最多となる34匹が調査用トラップにかかっているのが確認され、県と市などが4日から2日間、地上と上空から10万枚余りの誘殺板を設置した▼ミカンコミバエは、人が生産するものを好む。果物やナス科果菜類を育てている家庭では熟したものは放置せず、除去・廃棄してもらいたい。ぜひ防除に協力を。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム