八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

被害の拡大防止学ぶ

高圧ガス配送車の転倒を想定して行われた緊急措置訓練=10日午後、石垣市消防本部

高圧ガス配送車の転倒を想定して行われた緊急措置訓練=10日午後、石垣市消防本部

事業所が高圧ガス防災訓練

 10月の高圧ガス保安推進月間に伴い、2017年度(第46回)八重山地区高圧ガス防災訓練(主催・沖縄県、県高圧ガス保安協会)が10日午後、石垣市消防本部構内で行われた。八重山地区の高圧ガス関係事業所や沖縄本島で高圧ガスを製造、販売する企業の職員らが参加し、保安意識の高揚を図るとともに、高圧ガス災害時の拡大防止対応などを学んだ。

 月間中は保安啓発活動として、ポスターや横断幕による広報活動、高圧ガス関係事業所に対する巡回指導などが行われる。 

 訓練では▽アセチレンガスや酸素ガス、液化酸素などの燃焼実験▽高圧ガス配送車両が横転し、高圧ガスに着火したとの想定の緊急措置訓練▽地震発生時のLPガスの流通システム確保や迅速な供給などの緊急措置訓練|などが本番さながらに行われた。

 見学した平田建設従業員の東忠昭さん(24)は「アセチレンなどを普段使っているので、災害時にどう対処したらいいのかが分かり、勉強になった」と話した。

  • タグ: 高圧ガス防災訓練
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム