八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

追悼と平和願い鐘打

平和への祈りを込めて鐘打する参加者ら=10日正午、新栄公園

平和への祈りを込めて鐘打する参加者ら=10日正午、新栄公園

沖縄「十・十空襲」の日

 1944年10月10日に沖縄で大量の犠牲者を出した「十・十空襲」の日に伴い10日正午、新栄公園内平和の鐘鐘楼で同平和祈念鐘打式(主催・世界平和の鐘の会沖縄県支部、石垣市)が行われ、約20人が追悼と平和への思いを込めて鐘を打ち鳴らした。

 「十・十空襲」は沖縄大空襲とも呼ばれ、米軍から南西諸島が受けた最初の大空襲。沖縄諸島も標的にされ、市によると死傷者は多くの民間人を含め1300人にのぼる。

 漢那政弘副市長は「十・十空襲を知っている世代が少なくなっており、鐘打式の継続は大きな意義がある。石垣市から平和への思いを乗せて、一打一打世界へ発信したい」とあいさつ。 世界平和の鐘の会沖縄県支部の崎浜秀崇副支部長は「73年たち、沖縄本島の地上戦が人々の印象に強いが、八重山や宮古でもかなりの犠牲者が出たことを忘れてはならない」と語った。

 同鐘打式は2015年から行われており、今回で3回目。

  • タグ: 十・十空襲
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム