八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「どうしてもやりたかった」

 ▽…石婦連の第25回芸能大会が開かれ、各単婦総勢約170人が、熱気ある演技で観客を楽しませた。大川婦人会は鷲ユンタの発祥にまつわる劇を披露。喜舎場永珣氏が鷲ユンタの作者を調査し、大川村マフタネーの仲間サカイ司の作だと知るというもの。宇根悦子会長は「大川に200年前から現在まで伝わる鷲ユンタのルーツの話。どうしてもやりたかった」と万感胸に迫れりといった様子。

 ▽…島の地ビールを片手に音楽と食を楽しむ「第3回石垣島ビール祭り」には多くの市民や観光客が訪れ、盛況をみせた。最南端の地ビール工場を持ち、販路拡大に奮闘する石垣島地ビール。観光客が増加している地元でさらに認知度を高めるためには祭りの開催は効果的。地元企業の奮闘が島の産業発展を引っ張る。地元パワーに期待。

 ▽…本島の学童野球チームの監督らで結成している球友会という組織がある。指導法や県外チームの情報など互いにコミュニケーションを取り合っているという。真喜良サンウェーブの高良真助監督も球友会の会員というつながりで、本島チームの八重山遠征が実現した。遠征に来たチームは「八重山はよかった」。これが次のチームにつながっていく。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム