八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

在宅介護に「不安」 策定委員会

第2回策定委員会で、アンケート結果の報告が行われた=6日午後、石垣市役所2階会議室

第2回策定委員会で、アンケート結果の報告が行われた=6日午後、石垣市役所2階会議室

アンケート結果など報告
高齢者福祉介護保険事業

 石垣市高齢者福祉計画・介護保険事業計画(第7期)の第2回策定委員会(森永用朗会長、委員19人)が6日午後、石垣市役所で開かれた。アンケート結果で、要介護者に対し家族らが、在宅介護に不安を抱き、施設や病院での生活を選択する「在宅限界点」の報告があり、今後、同委員会で複数支援・サービスを検討し、不安解消につなげる考えを示した。また、事務局から「見える化」システム推計機能を活用し、介護サービスの見込み量や保険料基準額の推計方法が説明された。 

 委員会では、アンケートに基づき▽在宅介護実態調査▽居宅介護支援事業者▽介護予防・日常生活圏域ニーズ調査—の結果が報告され、ことし1月中旬から郵送や訪問で行った同実態調査で、介護者が「認知症への対応」「(日中・夜間)の排せつ」「外出支援」など、不安要素を抱え介護生活を送っている事がわかった。

 事務局は支援として通所、宿泊、訪問の各介護に、訪問看護を加えた取り組み整備を提案。家族らが活用することにより、負担や不安の軽減になると考えられている。

 委員からは、実現に向け「介護と在宅医療の連携が必要」と意見が上がった。

 また、在宅生活継続に充実が必要なサービスとして、移送(介護・福祉タクシーなど)、外出同行(通院、買い物など)配食などの声が寄せられた。

 居宅介護支援を行う23事業所によると、ことし8月1日現在、要介護3以上で施設の入所待ちの高齢者は、計118人に上っている。

 第7期介護保険事業計画策定に向け、導入されている「見える化」システムの将来推計機能では、市や全国の人口と世帯、被保険者数と認定者、介護サービス利用の現状を分析し、将来の認定者(認定率)、介護サービス利用人数・給付額などの推計が可能となる。

 同委員会は2017年度、開催を6回予定し、次回は、介護保険サービスに係る集計報告、各事業やサービスの見込み量の推計が行われる。

  • タグ: 高齢者福祉
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム