八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工が販売実習

八商工商業科3年の販売実習で、アイスキャンディーなどを手に会計に並ぶ同校の生徒たち(右側)=6日午後、同校

八商工商業科3年の販売実習で、アイスキャンディーなどを手に会計に並ぶ同校の生徒たち(右側)=6日午後、同校

価格交渉なども体験
総合実践授業

 八重山商工高校(新城英人校長、生徒386人)商業科の3年生57人が6日午後、同校で生徒や教職員らを対象に販売実習を行い、仕入れから販売までの仕組みや流れを体験した。

 実習は、商業のまとめを行う同科の総合実践授業の一環。生徒たちは会計システムと情報ビジネスの2グループに分かれ、取引先企業の選定や仕入れ価格の交渉、商品を販売する教室のレイアウトなどを行ってきた。

 実習では、会計システムがじゅーしーかまぼこやアイスキャンディー、パンなど約100個、情報ビジネスが焼きドーナツや揚げパン、チーズケーキなど86個を販売し、開始早々に売り切れた。

 会計システム店長の石野ひかりさん(17)は「相手企業への連絡など大変な部分もあったが、みんなで協力してできた。将来は授業で習ったことを生かせる職業に就きたい」、情報ビジネス店長の高那航太郎君(18)は「2年の時は余り過ぎて、今回は仕入れを少なめにしたら予想以上に人が多く、早々と完売してしまった。まだまだ研究が必要。1、2年生には後悔しないよう積極的に取り組んでほしい」とそれぞれ語った。

  • タグ: 八重山商工高校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム