八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

貴重な国の財産傷つけないで

 ▽…樹勢に衰えが見られる平久保のヤエヤマシタンの土壌改良作業が4日、行われた。衰えの原因は、シロアリ被害や腐朽などだが、樹皮が人為的に剥がされている部分も見受けられた。樹木医の樋口純一郎さんによると、イカ釣りの疑似餌に使う人がいるという。ヤエヤマシタンは鮮血のような赤い樹液を出すことで知られ、「持って行った人は血みどろになったのでは」と樋口さん。貴重な国の財産を傷つけないでほしい。

 ▽…旧暦8月15日の中秋の名月の日に行う竹富の十五夜祭が3年ぶりに開催された。八重山でも独特で竹富では「男の節句」といわれ、男性中心で旗頭が披露され、恒例の綱引きが行われた。過去2年は悪天候で中止を余儀なくされただけに、就任3年目の上勢頭篤竹富公民館長も安堵(あんど)。旗頭の下で集うことしの観月は格別だろう。

 ▽…認知症サポーターを養成するキャラバン・メイトが八重山署で講習を行い、認知症の人の寸劇を演じた。署員は学びを生かしてアドリブで対応。認知症の人の自尊心を傷つけないよう、目を合わせてゆっくり質問するよう配慮していた。内原弘子主任介護専門員の「認知症になっても感情は残っている」との言葉に署員は「これからも認知症の人と対応する際は心したい」と気を引き締めた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム