八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

税の納期内納付を 12月まで処分強化

2017年度税の滞納一掃キャンペーンの出発式で取り組み事項を確認し、園児から激励を受ける徴税職員ら=2日午後、市役所玄関ピロティ

2017年度税の滞納一掃キャンペーンの出発式で取り組み事項を確認し、園児から激励を受ける徴税職員ら=2日午後、市役所玄関ピロティ

収入未済額(滞納額)の推移

租税収入状況の推移

滞納一掃へキャンペーン
3市町、国・県と連携

 自主納税を推進する一方、滞納者には税の公平公正の観点から差し押さえなどの滞納処分を強化する2017年度「税の滞納一掃キャンペーン」が1日から始まっている。八重山地区個人住民税徴収対策協議会(会長・漢那政弘石垣市副市長)と八重山地区税務協議会(会長・古謝敏也石垣税務署長)が12月までの3カ月間、納期内納付の呼び掛けと、差し押さえやタイヤロック、捜索など滞納整理を集中的に実施する。

 キャンペーンは、全県では11月から2カ月間となっているが、八重山では2008年度から国、県、市、2町が独自に連携して取り組んでいる。

 キャンペーン開始以降、収入未済額は年々減少。16年度の収入未済額は国税、県税、3市町税合わせ3億7700万円で、前年度から6800万円減、15%の圧縮につながった。同年度は滞納者1841人に対し預貯金や給与、自動車、家賃などの財産差し押さえを実施。前年度から346人増加した。

 租税収入は新石垣空港開港以降、観光客の増加などに伴って伸びており、16年度は計170億6000万円(国税86億9000万円、県税24億1000万円、市税53億1000万円、竹富町4億6000万円、与那国町1億9000万円)で前年度から7・4%(11億8000万円)も増えている。

 キャンペーン初日は市役所玄関ピロティで出発式があり、石垣税務署、3市町、県の代表らがあいさつし、徴税職員の協力を求めた。

 納税者の11団体で構成する八重山税務団体協議会(座喜味盛二会長)が今回から初めてキャンペーンに加わり、塩谷篤副会長が「納期内申告と納付をさらに推進し、八重山地域をはじめとする社会の発展に寄与する」と宣言した。

 出発式には市立新栄保育所の園児が「石垣市歌」に合わせてダンスを披露し、徴税職員を激励した。

  • タグ: 税金
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム