八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

外来生物シロアゴガエル、船浮で捕獲 ことしで2匹目

7月22日午後8時15分ごろに西表島船浮地区で初めて捕獲されたシロアゴガエル(環境省西表自然保護官事務所提供)

7月22日午後8時15分ごろに西表島船浮地区で初めて捕獲されたシロアゴガエル(環境省西表自然保護官事務所提供)

生態系に影響、警戒必要

 【西表】在来の生態系に影響を及ぼす恐れのある特定外来生物の一つ、「シロアゴガエル」のオス1匹が7月22日、船浮地区で初めて捕獲された。環境省西表自然保護官事務所がこのほど発表した。同カエルが西表島で捕獲されるのは、ことし2匹目。捕獲後の継続調査の結果、繁殖や卵などは確認されていない。同事務所は「船浮集落に定着している可能性はかなり低い」としながらも、「引き続き警戒が必要」と話している。

 捕獲された個体は成体で、体長55㍉。7月20日午後8時20分ごろ、同地区でのコールバック調査中に鳴き声を確認。2日後の22日午後8時15分ごろ、同カエルの鳴き返しがあり、枯れたアダンの葉にいる個体を視認、防除した。

 同事務所によると、捕獲時、すでに成体だったことから、資材等に紛れて侵入した可能性が高いという。

 シロアゴガエルは東南アジア原産のアオガエル科の1種で、4~11月までを繁殖期間とする。石垣島では広範囲の定着が認められており、在来生物との生活場所やエサをめぐる競合、新たな寄生虫の感染、また捕食による昆虫類への影響が懸念されている。

 同省は2015年8月に上原地区での同カエルの防除活動を開始。ことし9月8日までに成体61匹を捕獲した。

 同カエルは繁殖期を終えると発見・対策が困難となるため、同事務所の杉本正太自然保護官は「荷物を運搬する際には、靴や荷物の裏にシロアゴガエルの成体、卵塊がついてないか十分に注意してほしい」と呼び掛けている。

 同カエルの鳴き声を聞いたり、木の枝やコンクリート壁面に産み付けられた泡巣を発見した場合は同事務所(84—7130)まで。

  • タグ: 外来生物シロアゴガエル
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム