八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

韓国LCC ジンエアー初就航へ

石垣に初めて就航する韓国の格安航空会社のジンエアーの機体。30日から仁川国際空港を結ぶ=ジンエアー提供

石垣に初めて就航する韓国の格安航空会社のジンエアーの機体。30日から仁川国際空港を結ぶ=ジンエアー提供

30日から4便予定
新空港にチャーター便

 韓国の格安航空会社(LCC)、㈱ジンエアー(本社・ソウル)が30日から仁川(インチョン)国際空港と南ぬ島石垣空港を結ぶチャーター便を運航することが22日までに分かった。同社が石垣に就航するのは初めて。韓国から石垣路線へチャーター便を就航するのはアシアナ航空、大韓航空に続いて3社目となる。観光業界は訪日需要が高まっている韓国人観光客の来島を歓迎、「チャーター便を皮切りに季節運航の可能性を探ってほしい」と期待感が高まっている。

 ジンエアーや市観光文化課によると、チャーター便は30日、10月3日、6日、9日に4便を予定。使用機材はB737-800(189席)。旅行客は3泊4日などの旅程で韓国人客が中心。来島客は最大約756人を見込んでいる。

 県内の韓国人観光客数は、ソウル-那覇路線の新規就航を含む航空路線の拡充を追い風に昨年は過去最高を更新して、初の40万人台となった。八重山への来島は少ないが、冬場や春節時期のチャーター便運航で観光地としての認知度も上昇している。

 一方、今回の初就航は夏場の観光シーズンに重ならない時期で、関係者は「好調な香港エクスプレスの存在もあり、新たな訪日需要の獲得を見込んだ市場開拓の可能性も高い」とみている。

 初便は30日午前11時35分に石垣空港へ到着予定、同課は初就航を記念した歓迎セレモニーを行う。

  • タグ: LCC韓国
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム