八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先日、ラジオで久しぶりにネーネーズの「平和の琉歌」を聴いた。…

 先日、ラジオで久しぶりにネーネーズの「平和の琉歌」を聴いた。以前からいつもいい歌だと思っていたが、そこで驚かされたのがこの曲・詞をつくったのがあの有名なサザンオールスターズの桑田佳祐さんだったことだ▼今から20年以上も前の1995年3人の米兵が小学生の女の子を拉致・暴行。これが10万人の県民大集会になり、今の辺野古移設のきっかけになったが、桑田さんは悲惨を極めた「沖縄戦」後も米軍基地に苦しめられる沖縄に思いを寄せ、翌年の沖縄ライブに合わせて作ったのがこの歌という▼そこはさすが桑田さん、「この国は誰が平和だと決めたの」「アメリカの傘の下」「民を見捨てた戦争」「蒼いお月様が泣いております」▼「愛を植えましょ傷の癒えない人々へ」「いつか花咲くその日まで」の歌詞と沖縄民謡調の優しいメロディーは、今では反基地運動の歌の一つだ▼しかし基地の重圧は変わらず、昨年は20歳の女性が米軍属に殺害され、オスプレイも墜落。辺野古では反対住民排除で新基地建設が進む▼そういう中で突然決まった解散・総選挙。沖縄は今回も全勝で「辺野古ノー」を安倍政権に突きつけたい。県民同士の対立もあるが、これをほくそ笑んで眺めているのは誰か。狡猾な政権の分断工作にだまされてはいけない。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム