八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

外間守吉町長、「生活向上の集大成」 斬新な発想で、と決意

4期目の所信を表明する外間守吉町長=11日午前、本会議場(田頭政英通信員撮影)

4期目の所信を表明する外間守吉町長=11日午前、本会議場(田頭政英通信員撮影)

4期目の所信表明 幼稚園無料化へ

 【与那国】外間守吉町長は、11日開会した9月定例議会で4期目の所信を表明した。「町民の生活向上を図る集大成」と位置づけ、「共働共生のまちづくり」など三つの政策を着実に実行する考えを示した。28票の僅差となった町長選について「一定の評価をいただいたとともに、長期運営や多選への批判もいただいたのも事実。私自身考えるところもあった」と振り返りつつ、「これからの4年間、斬新な発想と初期の心を極めつつ町の発展にまい進したい」と決意を述べた。

 共働共生では、自衛隊を受け入れたことによる環境変化に対応するためには、地域住民との共働によるまちづくりが必要とし、地域活動やボランティア活動への人的・財政的支援など支援体制の構築を打ち出した。

 「活力の町 いきがいのもてる町」では、サトウキビを中心とした農業を強力に推進するため▽サトウキビ生産対策室の強化▽堆肥センターの整備▽ハーベスターの積極的な導入による収穫の機械化|に取り組む考え。水稲については後継者の育成、ライスセンターの充実強化を挙げた。新たにクシティ(コリアンダー)のハウス栽培の推進も掲げた。さらに農業の長年の課題として「水なし農業からの脱却」を挙げ、地下ダム建設を強力に推進する必要性を強調した。

 このほか、産業振興全般にも言及した。

 「子育て世代に優しい町」では、自宅で保育している保護者や保育所入所前の乳児に対応する施設として「地域型子育て支援施設」(仮称)建設の推進体制を構築するほか、来年度から幼稚園の保育料を無料化する方針。

 ICT(情報通信技術)機器を活用した高校教育の可能性を探る実証実験や複式学級の解消に向けた学校間の合同授業なども推進する。

  • タグ: 与那国町議会所信表明
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム