八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

旧盆も終わり、6日夜には獅子の霊力で…

 旧盆も終わり、6日夜には獅子の霊力で、さまよっている無縁仏や悪厄を追い払う旧盆明けの伝統行事「イタシ(ツ)キバラ」が各地で行われ、旧盆行事を締めくくった▼旧盆の3日間は各地でアンガマが招かれた家々を回り、浴衣と花笠をかぶり、タオルで顔を隠したファーマーが踊りを披露したほか、ウシュマイ(翁)とンミー(媼)が独特の裏声で観客と珍問答を繰り広げ、大勢の市民や観光客らが旧盆の風物詩を楽しんだことだろう▼5日の送り日を休校にした学校も多く、各家々では帰省者も含め、家族や親族が集まり、ゆっくりとだんらんし、先祖の前で絆を確認したことだろう▼筆者が住む大浜地域では旧盆中に年代に応じ野球、ソフトボール、グラウンドゴルフが行われた。就職などで島を離れた郷友などが旧盆で帰省するのに合わせた古くからの恒例行事だ▼筆者の年代のソフトボールは今回で44回を数えた。平日にもかかわらず、五つの期別が参加。子どもたちの助っ人を受けながら中高年となった同級生たちが秋晴れの下、ゲームに汗を流し、年代を超え親睦を深めた▼大会は旧盆中日開催と決まっており、旧盆の楽しみの一つだ。帰省した同級生を囲みお酒を酌み交わすのもいいだろう。その前にそろって一汗流すことでビールの味も格別だ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム